一般眼科・小児眼科

一般眼科

目の不調を放置してしまったり、自己流で市販の目薬だけで済ませてしまったりすると、最悪の場合視力を失ってしまうこともあります。
少しでも違和感がありましたら、当院までご相談ください。

このような症状がある方は当院までご相談ください


よくある疾患

白内障

白内障目をカメラに例えると、レンズの働きをしているのが水晶体です。水晶体は、規則的に並んで透明さを保つたんぱく質と、それを収める水晶体嚢という透明な袋のようなものからできていています。
この水晶体が様々な原因により水晶体のたんぱく質の変性(濁る・硬くなる等)が進行するのが白内障です。一度変性した水晶体は残念ながら元に戻すことができません。
水晶体が変性してしまう原因として最も多いのが、加齢によるもので、早い人で40代から、80歳を超えるとほぼ全員が発症しているといわれているほどです。
また、生まれつき水晶体が白濁しているケースや、若い人でもアトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症、外傷、手術の後遺症やお薬の影響などによって発症するケースもあります。
主な症状としては、視力低下や目のかすみがあり、明るいところでまぶしさを強く感じるといったものが代表的です(水晶体の濁りによる)。また、中には物が二重に見えたり、一時的に近くが見やすくなったりするなどの症状が起こる(水晶体の硬化による)こともあります。

緑内障

緑内障緑内障は何らかの原因で視神経が障害され、徐々に視野が失われていく病気です。厚生労働省の調査によれば日本人の中途失明原因の第一位となっています。一度失われてしまった視野は回復することができないため、早期発見・早期治療が大切です。
検査方法や治療方法は発達してきましたので、早めに治療を開始できれば、ほとんどの場合進行を食いとめ通常の生活を送ることができるようになりました。
特に注意が必要なのは、急性緑内障発作です。急激に眼圧が上がって視力が低下し、激しい眼痛や頭痛、吐き気や嘔吐などが伴います。この場合、救急の対応が必要となりますので、急性緑内障を疑われるような症状がありましたら、すぐに受診してください。緑内障の一般的な症状としては、視野に見えない点があらわれることが多いですが、通常片目ずつ発症し、なかなか気づきません。そのため発症が増えてくる40代になったら、少なくとも年に1度は異常がなくても検査を受けることをお勧めしています。このような定期検診も、お気軽に当院までご相談ください。

緑内障について

アレルギー性結膜炎・アレルギー性結膜疾患

結膜は、まぶたの裏側から白目の部分を覆っている袋状の膜で、眼球を自在に動かすために少し余裕をもった構造になっています。そのため、異物やアレルゲン、細菌やウイルスなどが入り込みやすく、眼の病気としてもよくある疾患の一つが結膜炎です。
この結膜炎には細菌やウイルスなどによる感染性のものと、感染によらない非感染性のものがありますが、アレルギー性結膜炎は非感染性結膜炎の代表的なものです。
アレルギー性結膜炎の原因としては、花粉症が代表的です。原因となるアレルゲンとしては、春先のスギ花粉やヒノキ、初夏にかけてイネ科植物の花粉やシラカンバ、秋にはブタクサなど、それぞれ異なる植物の花粉が結膜に入り込むことによって結膜炎を起こします。
また、ハウスダストやダニ、ペットの毛、薬、コンタクトレンズなどもあげられます。
症状としては、目のかゆみ、充血が代表的なもので、かゆみはまぶたや目の縁などに強く表れます。症状が重くなると、涙が止まらなくなり、目やにが出たりすることもあります。また掻きむしることによって、結膜がゼリー状に腫れてしまったり、角膜にまで傷がついたりすることがありますので、注意が必要です。
このほかに、非季節性結膜炎には、春季カタル、アトピー性角結膜炎、巨大乳頭性結膜炎といった、治療に時間を要するものが含まれます。
単なるアレルギーとして放置するのではなく、お早めに当院までご相談ください。

ドライアイ

目の表面は、涙によって覆われています。涙は少し粘り気をもつ透明な液体で、目尻側の涙腺で生産され、しばらく目の表面にとどまって血管が通っていない角膜などに栄養を届け、目を保護する役割を果たしています。また、古くなってしまった涙は目頭側の涙点から鼻の奥へと排出される仕組みになっています。
この涙の供給と排出のバランスが崩れるとドライアイが起こります。
以前は、加齢による涙腺機能の低下がドライアイの主な原因でしたが、近年では、パソコンやスマホなどでディスプレイを見続ける時間が増え、まばたきの回数の低下やエアコンによる乾燥などによって、若い人でもドライアイの発症が増えています。
症状としては、目が疲れて乾いた感じがする、ごろごろとして違和感があるなどのほか、一見ドライアイとは逆で涙が出続ける、光をまぶしく感じる、目やにや充血があるなどの症状が出ることもあります。乾燥がひどくなると、目の表面が直接外界にさらされて、角膜に傷がついてしまうこともあります。
パソコンなどのディスプレイ作業が多く、目の疲れを感じるなどの目立った症状がある方はお早めに当院までご相談ください。

加齢黄斑変性症

黄斑とは、網膜の中心にあって、視細胞や視神経が多く集まり、ものの形や立体感、色彩などを判別している重要な部分です。この黄斑部が加齢によってむくみをおこしたりすることでダメージを受け、視力が大きく低下し、放置すれば最終的には失明してしまうこともあります。
この病気は欧米では、以前から中途失明の原因として上位を占めていましたが、近年食生活の変化や急速な高齢化などによって、日本でも患者数が増加してきています。病名に加齢という言葉がある通り、年齢が上がるほど発症率も上がりますが、特に男性の患者数が女性の3倍と多く、また喫煙者に多いことも特徴の一つです。
症状としては、視野の中心部が暗くなる、直線の格子模様が曲線の網目のようにゆがんで見える変視症、全体的に見え方が不鮮明になるコントラスト感度の低下などが上げられます。
この病気は発症すると進行が早いため、視力や視野に少しでも違和感を覚えたら、お早めに当院までご相談ください。

黄斑前膜

水晶体と網膜の間には硝子体という透明なゲル状の物質があります。硝子体は若いうちは網膜との間にぴったりと密着しているのですが、加齢とともにだんだんと萎縮して、網膜から離れていきます。このこと自体は誰にでも起こることですが、なかには網膜との密着度が高いケースがあり、萎縮していく際に、硝子体の一部が網膜上に取り残されることがあります。これが膜状の物質となって、視力を妨げるのが黄斑前膜です。
一般的な原因は加齢ですが、その他にも外傷やぶどう膜炎、網膜剥離の施術などから起こるケースもあります。 初期は自覚症状があまりありませんが、残された膜が分厚く進行性の場合には、ものがはっきり見えない、歪んで見えるなどの症状が出て視力が低下することもあります。その際は手術が必要となりますのでご相談ください。長く放置すると手術しても視力が戻らないこともあります。手術によって視力は回復しても歪みは残存することが多いです。

黄斑円孔

黄斑前膜と同様、網膜から硝子体が離れていく際に、癒着が激しいと網膜を引っ張ってしまい、孔を開けてしまうことがあります。これが黄斑円孔です。
原因としては加齢がもっとも多いのですが、その他に外傷が原因となることもあり、この場合は若い人でも黄斑円孔を発症します。
自覚症状としてはものが歪んで見える変視症を起こすことが多く、進行すると視力が低下していきます。 近年、黄斑円孔は手術によってほとんどのケースで孔を閉鎖できる可能性が高くなっていますので、早いうちに治療をはじめることが大切です。手術によって円孔閉鎖ができても視力障害・歪視が残る可能性は高いですが、将来的な網膜剥離を防ぐことも大きな目的です。当院までご相談ください。

硝子体手術について

中心性漿液性網脈絡膜症

脈絡膜は、網膜と眼球を保護する強膜の間にあって、メラニン色素や血管が多い組織で外部からの光が水晶体以外から目の内部に侵入することを防ぐとともに、視細胞など見ることにとって重要な部分に栄養を届ける役割を果たしています。
この部分の血管が出血を起こしたり詰まったりしてしまうと、目に十分な栄養が行き渡らなくなるため、人の体は無理にでも栄養を届けようとして、新しい血管を作ります。これを新生血管といいますが、非常にもろく破れやすく、再び出血を繰り返すと、その滲出物の影響で網膜などに浮腫(むくみ)がおこってしまい、網膜が剥離して視力に影響を与えてしまいます。
この症状が網膜の中心部である黄斑に起こってしまったものが、中心性漿液性網脈絡膜症です。
原因ははっきりとわかっていませんが、ストレスなどに起因するものが多いと考えられております。30~50代の働き盛りの、しかも男性に多いことが特徴です。また、ステロイド薬が原因となったり、女性では妊娠時に起こったりすることもあります。
多くの場合、自然に治り、視力にはほとんど影響がありません。しかし、悪化した場合、視野の中心が暗く見える中心暗点や、物が実際より小さく見える小視症、ものが歪んで見える変視症などを起こすこともあります。
上記のような症状を自覚した時はお早めに当院までご相談ください。

糖尿病網膜症・糖尿病による合併症

糖尿病は、腎機能の低下の他にも、様々な合併症を起こすことが知られています。中でも、糖尿病網膜症は糖尿病腎症、糖尿病神経症とあわせて三大合併症とされています。
糖尿病になると、血糖値が高くなり、血液はいわゆるドロドロの状態となります。特に、細い血管(毛細血管)は血糖値の上昇により細くなり、その結果詰まってしまい、血管の破裂などを招くことが多くなります。本来、毛細血管は、視細胞や視神経に酸素や栄養を届けますが、糖尿病網膜症では、この毛細血管が出血を起こし、内容物が滲出することで、網膜上の視神経や視細胞にダメージを与えます。
進行すると、もろく破れやすい新生血管を多発し、通常は血管の存在しない硝子体内で出血を起こし網膜剥離を引き起こすこともあります。最終的には失明に至ることもあります。しかし、糖尿病網膜症は、徐々に進行する病気であり、すぐに失明にいたるわけではありません。初期のうちにきちんとした治療をすることで、進行を抑えることが可能です。 なお、糖尿病は、大変合併症の多い病気であり、白内障、緑内障、黄斑症、屈折・調節異常、虚血性視神経症など様々な病気を起こす可能性があります。
まずは血糖値のコントロールが大切ですが、定期健診などで高血糖や糖尿病の可能性について指摘されたら、内科的治療を始めるとともに、お早めに当院までご相談ください。

網膜中心静脈(分岐)閉塞症

網膜は非常に狭い部分に血管が密集しているため、網膜へ入っていく視神経乳頭の部分では一部で動脈と静脈が接しており、互いに影響を受けやすい状態になっています。また、視神経乳頭からは、静脈は枝分かれし、細い毛細血管となって、網膜上に密集する形になります。この視神経乳頭から網膜内の細い静脈のどこかが詰まってしまうことで網膜静脈閉塞症が起こります。
視神経乳頭の部分で閉塞が起こると、網膜全体に障害が発生する網膜中心静脈閉塞症になります。また枝分かれした部分で閉塞がおこると、網膜分枝静脈閉塞症となり、詰まってしまった部分の周辺に限定的な症状があらわれます。
症状としては、ある日突然、急激な視力低下や視野障害が起きることが多いのですが、閉塞による出血はゆっくりと引いていき、自然に治ることもあります。
ただし、滲出物や血液などによって組織が障害されてしまう状態が長引くと慢性化してしまうこともあります。 ある日突然視力が下がる変視症などの症状が起こったときには、お早めに当院までご相談ください。

飛蚊症

何もないところに、虫やほこりなどが飛び交っているように見えるのが飛蚊症です。視線を動かすと見えているものも移動します。特に、暗いところではあまり気にならず、明るい青空などを見るとはっきりと見えるようになることが特徴です。
飛蚊症の多くは加齢によるもので、硝子体にしわが出来、網膜との間に隙間ができます。また、硝子体が濁り、その影が網膜に映し出されることで視野の中に黒い点のようなものが見えます。これは、生理的飛蚊症と言いますが、自然現象ですのであまり気にする必要はありません。
しかし、中には網膜剥離や網膜裂孔など、重篤な目の病気の症状としてあらわれることもあります。 病的なものであるか生理的なものであるかは検査しないと分からないことが多いため、飛蚊症の症状があらわれたら、当院までご相談ください。
特に、これまでも飛蚊症の症状はあったが、黒い点や虫、リング状のものが急に増えてきた、大きくなってきたなどの症状があるときは、一度当院までご相談ください。

小児眼科

小児眼科お子さんは、なかなか自分の症状を訴えることができません。しかし、目になんらかの異変を抱えているときは、それとなく普段の生活にもあらわれるものです。保護者の方や周囲の方はお子さんが以下のようなそぶりを見せるときには、目の不調を訴えているのではないかと感じ、当院に相談するようにしましょう。

  • まぶたをなかなか開けることができない
  • 眠っていてもしっかりとまぶたが閉じずに眼球が少し見えている
  • テレビや絵本を見るときに、極端に目を近づけて見ている
  • 光をまぶしそうに目を閉じるが多い
  • よく片目をつぶっているよく片目をつぶっている
  • 黒目の色が、不自然に白っぽかったり灰色や薄い茶色だったりする
  • ストロボを使って写真を撮ると、いつも同じ片方の目が光っていたり、違う色に写ったりする
  • 目線が定まらず、黒目が揺れているように見える
  • 物にぶつかりやすかったり、転びやすかったりする

など

keyboard_arrow_up